白髪の原因って?今日から出来る5つの改善策!

自己紹介
TKC

現役美容師のTKCです!今回は多くの方を悩ませている白髪について解説していきます!

  • 美容師歴20年トップスタイリスト
  • 年間3000人以上のお客様を担当しています
  • 商品開発の経験あり
  • あらゆる美容商品を取り扱ってきました
この記事はこんな方におすすめ
  • 最近、白髪が増えたと感じる方
  • 今ある白髪を減らしたい方
  • 今現在は白髪はないが予防したい方
  • 白髪の原因を知りたい方

このようなお悩みを持っている方に向けて、今回は「白髪の原因、予防と改善方法、白髪になってしっまた後の対策」を解説していきます!最後までお付き合い下さい!

contents

白髪になる7つの原因

まず、みなさんの髪の毛が黒く見えるのは髪にはメラニン色素というものが存在しているからです。

メラニンはメラノサイトというメラニンをつくる工場のようなところでせっせと作られています。

白髪になってしまう原因はこのメラノサイトという工場がなんらかの原因で止まってしまっている状態です。

TKC

現代の科学でもハッキリとした白髪の理由は解明されていません。

これからメラノサイト工場がメラニン色素を

作らなくなる7つの原因について解説します。

  1. 遺伝
  2. 老化
  3. ストレス
  4. 病気
  5. 睡眠不足
  6. 栄養不足
  7. 紫外線

原因1.遺伝 やはり白髪は遺伝の影響がつよいと言われています。男性は母方から、女性は父方から遺伝をつよく受けやすいと言われています。ですが実際のところは、まだしっかりと解明されてないのが現状です。

原因2.老化 老化によって細胞の活性が弱まりメラノサイト(髪を黒くする工場)の数自体が減ってしまい白髪が増えてしまいます。個人差はありますが35歳を超えた頃から気になる方が増えています。私もです、、。

原因3.ストレス ストレスによる血行不良や自然治癒力の低下などによって、白髪が増加するといわれています。ストレスが原因で増えた白髪はストレスが解消されたら黒髪に戻ることも多いです

原因4.病気 白髪を増やすことがある主な病気としては悪性貧血、甲状腺機能低下症、腎不全があります。

原因5.睡眠不足 睡眠不足が原因で代謝の低下や血行不良などがおこり白髪のリスクが高まります。白髪だけではなく健康な体を維持するためには睡眠は大切ですよね。

原因6.栄養不足 メラノサイト(髪を黒くする工場)を正常に稼働させるためにはカルシウム、銅などのミネラルが必要です。健康で丈夫な髪を作るには、タンパク質亜鉛ビタミンB・Eも大切です。(白髪に良いビタミンはビタミンB12です。)これらの栄養素をバランスよく取ることが大切です。

原因7.紫外線 紫外線によって頭皮が日焼けすると、活性酸素の増加地肌が直接ダメージを受けることで、毛根にある細胞の働きに影響を与えてしまいます。

白髪予防と改善が期待できる5つの方法

白髪に悩む方におすすめする、

白髪の予防と改善方法を5つ紹介します。

1.食べ物で内側から改善

メラニン色素の原料は、髪の毛を構成している18種類のアミノ酸の中の一つであるチロシンです。

黒髪をつくるには、チロシンが必要です。

そして、健康な髪をつくるには、タンパク質亜鉛、ビタミンB・E、カルシウムも大切です。

白髪の予防と改善におすすめしたい食材をピックアップして紹介します。

おすすめ食材

納豆…納豆にはタンパク質や亜鉛、チロシン、銅、カルシウム、ビタミンB6、ビタミンEなど髪の毛に必要な栄養素が盛りだくさんです!白髪が気になる方には食べてもらいたい食品ですね。

海藻…海藻類には、ビタミンB群、亜鉛、胴などを含んでいます。昔から「海藻は髪に良い」と迷信のように言われていますが実は真実なんです!

その他おすすめの食材

良質なタンパク質を含む食材

タンパク質は髪の毛のメイン成分です。健康な髪を作るには良質なタンパク質を摂りましょう。

  • 大豆など豆類
  • 豚肉、鶏肉

亜鉛を含む食材

亜鉛は健康な髪の毛や皮膚をつくる大切な栄養素です。女性は特に不足しやすいのでバランスよく摂りましょう。

  • 牡蠣
  • レバー
  • 牛肉

チロシンを含む食材

アミノ酸の一種のチロシンは髪の毛の色を黒くする役割があります。不足しないように気をつけましょう。

  • チーズ
  • 豆腐
  • バナナ
TKC

一つの物をたくさん食べれば効果が上がるわけではありません。バランスよく色々な栄養素を摂ることを心がけましょう。

2.頭皮の血行促進マッサージ

健康的な髪の毛を育てるには頭皮の血行が必要不可欠です!

頭皮の血行が悪くなると抜け毛の原因にもなりますし、メラノサイト(髪を黒くする場所)の働きも悪くなってしまいます。

毎日のシャンプーの時に1~2分、頭皮マッサージをしましょう。

こちらの記事も参考にしてくださいね!

マッサージする時にスキャルプオイル(頭皮用オイル)を使うとより効果的なのでおすすめします。

THREE(スリー)

ヘア トリートメント リムーバー

健康で美しい髪はクレンジングから。

毛穴に詰まった皮脂やスタイリング剤などをすっきり除去しながら、頭皮と髪をトリートメント。
熱を伝えやすい植物油がベースなので温感効果が得られやすく、一層効果的にアプローチできます。
さらに、マッサージしながらなじませることで頭皮の血行を促進。
柔軟でいきいきした頭皮に保ちます。

3.良質な睡眠

髪の毛のゴールデンタイムは、夜の10時から2時の間です。 このゴールデンタイムは、最も活発に成長ホルモンが活動する時間帯とされています。 成長ホルモンには、髪の主成分であるタンパク質などの栄養素のはたらきを促進させる働きがあります。

TKC

髪の毛のためには夜10時〜2時の間は頭皮をきれいにした状態で睡眠をとることが大切。夜に洗わず朝シャンのみはおすすめできません…。

4.紫外線から頭皮を守る

頭皮にとって紫外線は大敵です。

頭皮の活性酸素を増加させるだけでなく、頭皮にダメージを与えます。

活性酸素とは?

活性酸素とは、呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が、通常よりも活性化された状態になることをいいます。 ヒトを含めた哺乳類では、取り込んだ酸素の数%が活性酸素に変化すると考えられています。 活性酸素は、体内の代謝過程において様々な成分と反応し、過剰になると細胞傷害をもたらします。

おすすめ!スプレータイプの

全身に使える日焼け止め

ミーファフレグランスUVスプレー

香りをまといながらUVケア

香りとケアにこだわったUVケアスプレー

5種類の香りと、無香料の全6種類

SPF50+ / PA++++で

紫外線から髪と肌をしっかり守ります

5.白髪予防シャンプーを使う

KAMIKA 黒髪クリームシャンプー

黒髪を作り出すメラニンの作用に働きかける、注目成分ヘマチン・メタリンを配合。ボリュームアップに嬉しい9種類の植物エキス、3種の海の恵み成分(汚れやニオイを落とす)、3種の天然オイル(ツヤを与え、手触りUP)、フルーツ幹細胞エキス&ハチミツ(ハリとうるおいを与える)配合。90%以上が天然由来成分でできていて、髪と頭皮に嬉しい贅沢な栄養成分を豊富に配合。

髪にハリとツヤを与え、保湿する

白髪世代におすすめのシャンプーです。

今回の記事のまとめ

今回の記事のまとめ

白髪の原因を知ると今日から改善できることがあることに気づきますよね。食事、睡眠、マッサージなどやれるところから実践していきましょう!何事も1日では改善しません。日々の積み重ねを大切にしましょう。

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

美容師歴20年の現役トップスタイリスト。
さそり座のAB型。ちょっと不思議ちゃん。
2児の女の子のパパでもある。

コメント

コメントする

contents
閉じる